注視される風評被害が増えています

東北の福島原発事故がもたらされてから、風評被害の注目度が高くなりました。東北の復興を期待しているのに、東北産の農作物が買って貰えないなどの問題があります。あらためていうまでもなく、原発をストップしたところで解決できません。手段を講じるのは至難といえます。その上、東北だけで生じているということはありません。偶発的にスケールの大きい風評被害が生じたので注目の的となっていますが、この課題はいたるところで発生しています。

風評被害は精神に訴え掛けます

風評被害の面倒なところは、人の気持ちにはいり込むことです。理論上は難しい内容ではありません。誤った認識を解決すればいいだけです。しかしながら頭で理解していても、精神が受け入れてくれるとは言えません。簡単に説明しますと、霊なんて出ないと頭の中で把握していても、気持ちは怖いと感じます。知らず知らずに恐怖を感じてしまいますし、可能ならば通りたくないといえます。こうしたメンタルが、風評被害対策をとても困難にしています。

安全が確保されているという説明がポイントになります

精神的に訴える風評被害は懸念材料です。克服するためには、まず第一に精神の不安を治してあげなければいけないのです。簡単に説明しますと、東北の食品は細心の注意を払った放射線の確認がされています。実質的には放射線はいたるところに見受けられるものなので、細心の注意を払って確認された東北の食品のほうがセーフティと評価することもできます。言ってみれば、気持ちの問題であるということができます。安全が確保されていることを訴えかけて誤解を解くことが重要となります。

風評被害対策として、商品などの安全性を示すような宣伝をしたり、風評被害の原因となる事象を解決しようとしている姿勢を見せることは有効な手段です。